カジノを誘致することによるメリット

現状日本ではカジノは認められていません。しかし、海外に目を向けてみるとアジアでも多くの国がカジノを誘致して統合型リゾートを競うように開発しています。特に経済発展が目覚ましい中国の富裕層を主な対象としたマカオは売上金額が世界一なのではないかと噂される程発展しています。

今後急成長が見込まれるアジア市場においては、マカオを始めとしてシンガポールやフィリピン、マレーシアなどの国々でもカジノは営業をしており、日本から近い韓国でも多くの日本人が楽しんでいます。日本国内では現状遊ぶことが出来ないので、海外旅行へ行った際などに遊びに行く方が多いのですが、これだけ海外の国でカジノを解禁しているということは、それだけメリットがあるため積極誘致を行っているということに他なりません。

カジノは外国人観光客を呼び込みます。

旅行に行った時に、旅行の思い出に、とゲームに興じてみたり、国内では遊ぶことが出来ないので海外旅行に行った際に遊ぶという方も少なくありません。日本ではカジノの営業そのものが認められていませんが、アジアの国では外国人しか入場を認めていない国が少なくありません。

自国では遊ぶことが出来ないので海外へ行った際に遊ぶというのは日本人と同じです。外国人の方から多くの収入を得ることを目的としてたり、自国の国民がギャンブル依存症にならないようにしている国が多い傾向にあります。旅行に行った際は気が大きくなっていますので、外国人観光客の余裕資金でゲームを楽しんでもらうことを主要な目的としている場合が多く、国民が多くのお金をギャンブルにつぎ込まないように気を使っています。

ラスベガスなどを見ると、カジノが大きな雇用を生むことは一目瞭然でしょう。ディーラーはもちろんのこと、ホテルの従業員やレストラン、お土産屋さんまで、派生する職業は多種多様です。雇用を創出するメリットはもちろんのこと、カジノは季節や天候に影響をされ難いですので、夏のレジャーで観光客は来るが冬場は閑散期に悩むような国や地域でも、導入するメリットは大きいでしょう。観光産業やレジャー産業にとって、閑散期は頭の痛い問題です。

勝率100%!?カジノの攻略法・必勝法は本当に存在するのか

閑散期を乗り切ることが出来る突破口になるかもしれません。また、日本の地方にはバブル景気の際に建設された大型レジャー施設も多いので、建物を有効活用できるという点でもメリットになるでしょう。もちろん、ラスベガスのようにギャンブルだけを楽しみにくる観光客だけではありませんので、観光の波及効果も見込めます。