カジノ王の娘がタレントをしているとの情報です

現在は国内法で基本的には禁止されているギャンブルですが、日本でも解禁の方向に向けて作業が行われています。海外では半ば常識となっているカジノが、いよいよ日本でも合法化されようとしています。日本経済の先行きが不透明な現在、即時的な効果を上げると期待されているギャンブル施設が認められるのは、実に画期的としか言いようがありません。ただ、そのことに関してのさまざまな憶測が飛んでいるのも事実です。IR施設の誘致先も未定ですが、先走ったメディア報道では、特定の地方公共団体の名前が具体的に報じられるという事態が起こりました。

そして、そういった事象が起こると、たちまちカジノ関連企業の株価が上昇するという過熱ぶりです。とりもなおさず、市場関係差は、カジノ運営事業は間違いなく収益を上げるはず、と認識されているからにほかなりません。ギャンブルを事業内容としている企業は、どんな仕組みがあるから儲かるのでしょうか。

カジノでのゲームそのものは、あくまでもギャンブルですから、偶然の作用で結果が決まってしまいます。しかし、だとしたら、運営側が負けるという結果もあるのではないか、との疑問がわいてきます。しかし、そうではありません。というのは、ゲームの結果がイーブンであるにしても、収支の点では、例外なく運営側が有利になるような仕組みが作られているからなのです。それは、まずはハウスエッジがあります。

ハウスエッジとは、ゲームに運営側が有利になるように控除が組み込まれていることです。次に、大数の法則があります。同じ動作を何回も「繰り返しいていると、その結果は理論的確率に近づいていきます。何千万回もゲームを繰り返していると、理論値に近づき、しかもハウスエッジで運営側に有利になるというものです。

ココモ法の秘密に迫る!オンラインカジノ必勝法を徹底解説

このような背景があって、運営側は確実に収益を上げることができています。施設のオーナーが莫大な資産を所有しているのは、そういった事情があるからです。マカオでカジノ施設を経営しているカジノ王と呼ばれる人がいます。タレントのソンミさんは、その人の娘です。ソンミさんにまつわるエピソードは、目を丸くするような驚きに満ちています。彼女の発言には、「ギャンブルで1億円負けたことがある」「高校の入学式にはロールスロイスに乗って登校した」など、信じがたい内容のものが多いです。もしかしたら、かなりの誇張があって粉飾された逸話なのかもしれません。ただ、カジノ王の娘というだけで、タレントであっても金銭には十分過ぎるほど恵まれていると憶測されるほど、カジノは必ず多大の収益に結び付くものです。経済効果が期待されているのは、そんな側面もあるからです。