メルボルンのカジノは色々な楽しみ方がある

南半球最大のカジノとして有名なメルボルンには、複合型の遊戯施設が存在し大きなリゾート地の中にカジノが併設されています。遊技場自体が高級ホテルの中にあるので、高いホスピタリティ精神を持ったスタッフが接客にあたってくれます。入場はオーストラリアの他の地域と同じように18歳以上でなければ入ることは出来ず、外国人旅行客の場合には必ずパスポートを提出してから入場をします。入ってしまえばそこには数千台のスロットマシーンと300位上のボードゲームがあるので、好きなゲームにチップを賭けることができます。入場は営業時間中なら自由に出入りすることができるので、カジノに飽きてしまった場合には周辺の施設を見学してみたり、メルボルンの街並みを散策することで旅行先の街を満喫することが出来ます。

ピラミッド法の秘密に迫る!オンラインカジノ必勝法を徹底解説

メルボルンのカジノはリゾート地の中にあるという事実からも、グループで旅行をした際にはそれぞれの好きな場所で遊べるので、カジノが好きではない方が一緒に旅行に行く場合でも、その人が楽しめる施設が用意されています。プールやショッピングモールにシアターも存在するので、一人ひとりが好きなアクティビティで遊んで自由行動をするという滞在日程を組めます。滞在先をリゾートの中にある高級ホテルにするとホテルから徒歩数分の圏内で遊技場があるので、24時間いつでも好きなときに様子を見に行けます。リゾート内のホテルにすると滞在費用はかなりかかりますが、メルボルンの美しい街並みと夜景を部屋から眺めることができ、少し贅沢な気分で滞在している間快適に過ごせるので、興味がある方はぜひ予約をしましょう。

リゾート内にあるカジノはどちらかというと大人世代をターゲットにしており、ドレスコードを設けているので、男性の場合には襟付きのシャツを着用して、女性もあまり肌を露出しすぎる格好は避けるようにしましょう。サンダルやかかとの出ている靴を履いて行くと入場を断られるので、きちんとしたスニーカーや革靴を履いていくことが大事です。カジノの中では基本的に飲み物を自由に飲むことが出来、ウエイターが手元まで運んできてくれますが、お礼としてチップを渡しましょう。カジノで使うチップではなく、豪ドルの現金で渡すことが常識です。相場は1ドル程度でも構わないのでお心付けをすることが基本です。可能ならば英語でありがとうの挨拶をするのも良いでしょう。メルボルンではクオリティの高いサービスと種類豊富なゲームが用意されています。