マカオではカジノ王の娘が活躍しています

日本でもカジノを解禁する方向での動きがあらわれてきています。2016年にIR実施法案が国会で正式に成立し、現在は、IR実施法案の内容の詰めを行っています。カジノが設置されれば、それを目当てに海外から多くの観光客が訪日して、多大の経済効果をもたらしてくれることは明らかです。日本政府としても、今後の経済成長戦略の起爆剤としてカジノを位置付けており、強い関心を示しています。ただ、現在の日本の法律ではギャンブルを禁止しており、このままではカジノ設置は認められないこととなります。そこで、法律を改正して、特定のギャンブル実施を可能とする内容に改正しなければ、施設の設置そのものが認められません。法律を改正するとなると、想像を絶した煩雑な手続きを必要といたします。そこまでしてIRを進めるのは、経済成長を目指してのことにほかなりません。

IRを導入すると、非常に広い範囲での経済効果が期待されます。まずは、巨大な施設を建設しなければなりませんので、そのための作業者が求められ、雇用の大幅な増加につながります。また、関連企業もたくさんありますので、それぞれが求人を行いますから、雇用が発生します。

ゲーム機メーカー、金融、IT、旅行会社等々、実に多くの企業が関係していますので、雇用増加は目をみはるような大きなものとなります。また、施設が完成した後も、その運営のためにスタッフが必要ですので、雇用は幾らでもふくらんで行かざるを得ません。さらに、カジノ施設だけではなく、ホテルや商店などでも消費の影響が及びますので、地域経済が活性化することは火を見るよりも明らかです。このようにIR導入によって経済が発展するのは好ましい限りです。

カジノとしてはラスベガスと並んで有名なマカオで、ギャンブルの世界に長く君臨しているスタンレー・ホー氏は、ギャンブルの帝王との異名をとっています。氏の資産の総額は、マカオのGDPの約三分の一にも達していると伝えられています。しかし、現在は、氏の娘であるバンジー・ホーさんのほうだと言われています。彼女が株主である美高梅中国が香港市場に上場をいたしました。

10% 投資法の秘密に迫る!オンラインカジノ必勝法を徹底解説

その株式の時価総額は、日本円換算で約1600億円にのぼっています。彼女の所有している他の会社の株式をも合わせると、バンジーさんの資産総額は約4000億円にものぼります。この数字は、父が持つ資産総額約2500億円を超えています。娘のほうがギャンブル王の父を超えたこととなります。マカオのカジノをめぐって進んでいる実話です。