カジノの安全性は嘘ではなく娘でも遊べます

カジノと言われて、連想するイメージは人によって異なっているでしょう。豪華、高級、VIP、一獲千金、タキシードなどを思い浮かべる人もいますし、逆に、借金、破産、ギャンブル中毒、暴力団などのマイナスのものが浮かんでくる人もいるようです。日本の場合は、法律で基本的にはギャンブルは禁止されていますので、カジノ施設そのものがありません。ですから、印象といっても、想像でしか語ることができないのです。マイナスイメージを持っている人は、過去の時代に、海外での不祥事が日本で伝えられたときのこととか、あるいは、反社会的組織が暗躍するドラマの衝撃から、怖いものという印象を持ったのかもしれません。実際に、ラスベガスやマカオでは、いっとき暴力団が支配していて治安が大きく乱れていた時代があったのは事実ですから、ブラックなイメージを持つのが嘘であるとは言えません。

しかし、厳しい管理が施されるようになり、不祥事に際しては警察も積極的に摘発に乗り出すなど、施設とその周辺地域の安全対策には大変な力を入れてきました。その努力が実り、今では、施設の中のみならず、周辺地域も安心できるエリアになってきたのです。一般的に治安が良くないと言われているアメリカ社会ですが、カジノ施設が設置されているエリア一帯は、警察官のパトロールしている光景が頻繁に見られるなど、むしろ安全な地域と言っても嘘ではありません。シンガポールなど、カジノ施設ができてからというもの、犯罪発生率が下がったという事例がありますので、国や自治体としても、セキュリティには極めて細心の配慮を行っています。

2in1法の秘密に迫る!オンラインカジノ必勝法を徹底解説

日本でのカジノ解禁論に反対する理由の一つに、治安の悪化というものがありますが、諸外国の例を見ますと、防犯対策の強化によってカバーできる事柄であることがわかります。

ほとんどのカジノ施設では、客が入場するときに何らかの形のチェックを行っています。反社会的な人物を排除するのはもちろん、国によって違っていますが、年齢制限を設けて一定の年齢未満であれば入場を断っています。癪に言いますと、若い娘さんであっても規定の年齢に達していれば客として入ることができます。また、多くの施設では写真撮影は禁じられています。さらに、荷物の持ち込みにも制約が設けられているところもあります。

防犯カメラが至るところに設置されていることは言うまでもありません。さらに、警備担当者も多くいて、不測の事態が発生することのないように注意の目を光らせています。このように厳重な安全管理策が整っていますので、誰もが楽しく遊べるスペースとなっています。父や母、息子や娘など、家族全員がそろってゲームに興じてる姿は珍しくありません。